×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

学術論文

Kubota S, Kameyama Y, Ohara M (2006) A reconsideration of relationships among Japanese Trillium species based on karyology and AFLP data. Plant Systematics and Evolution 261:129-137. [PDF]

Kubota S, Kameyama Y, Ohara M (2006) Characterization of six microsatellite markers in Trillium camschatcense using a dual-suppression-polymerase chain reaction technique. Molecular Ecology Notes 6:1135-1137. [PDF]

八幡かおり, 富松裕, 山岸洋貴, 荒木希和子, 久保田渉誠, 鳴海匡, 石崎智美, 内藤弥生, 加藤優希, 田中博子, 広尾町教育委員会, 大原雅 (2007) 北海道における低地林保全の新たな試み―植物の生活史研究を基礎とした環境教育―. 環境科学総合研究所年報 26:1-20.

Kubota S, Kameyama Y, Hirao AS, Ohara M (2008) Adaptive significance of self-fertilization in a hermaphroditic perennial, Trillium camschatcense (Melanthiaceae). American Journal of Botany 95:482-489. [PDF]

Kato Y, Araki K, Kubota S, Ohara (2008) Development of microsatellite markers in a large perennial herb, Veratrum album ssp. oxysepalum. Molecular Ecology Resources 8:996-997. [PDF]

Kubota S, Ohara M (2009) The evolution of self-compatible and self-incompatible populations in a hermaphroditic perennial, Trillium camschatcense (Melanthiaceae). Journal of Plant Research 122:497-507. [PDF]

Kubota S, Ohara M (2009) Discovery of male sterile plants and their contrasting occurrence between self-compatible and self-incompatible populations of the hermaphroditic perennial Trillium camschatcense. Plant Species Biology 24:169-178. [PDF]

Ishizaki S, Kubota S, Shiojiri K, Karban R, Ohara M (2010) Development of eight microsatellite markers in big sagebrush (Artemisia tridentata Nutt.). Molecular Ecology Resources 10:232-236. [PDF]

Nishizawa M, Kubota S, Ohara M (2010) Development of 13 microsatellite markers in Cadiocrinum cordatum var. glehnii. Molecular Ecology Resources 10:232-236. [PDF]

Ito T, Konno I, Kubota S, Ochiai T, Sonoda T, Hayashi Y, Fukuda Y, Yokoyama J, Nakayama H, Kameya T, Kanno A (2011) Production and characterization of interspecific hybrids between Asparagus kiusianus Makino and A. officinalis L. Euphytica 182:285-294. [PDF]

Kubota S, Konno I, Kanno A (2012) Molecular phylogeny of the genus Asparagus (Asparagaceae) explains interspecific crossability between the garden asparagus (A. officinalis) and other Asparagus species. Theoretical and Applied Genetics 124:345-354. [PDF]


学会発表

久保田渉誠, 亀山慶晃, 大原雅 (2006) 日本産エンレイソウ属植物における種間系統関係の再検討. 第53回日本生態学会(新潟)

久保田渉誠, 亀山慶晃, 大原雅 (2007) オオバナノエンレイソウにおける自殖性の適応的意義. 第54回日本生態学会(松山) [ポスター賞優秀賞受賞]

久保田渉誠, 大原雅 (2007) オオバナノエンレイソウにおける繁殖様式の進化―自家和合性から自家不和合性の進化―. 第39回種生物シンポジウム(神戸) [ポスター賞受賞]

山岸洋貴, 久保田渉誠, 大原雅 (2007) 雑種起源種コジマエンレイソウの葉緑体DNAに基づく地域集団の系統解析. 第39回種生物シンポジウム(神戸)

久保田渉誠, 大原雅 (2008) オオバナノエンレイソウにおける繁殖様式の進化―雄蕊矮小化個体の意義―. 第55回日本生態学会(福岡)

KUBOTA Shosei, OHARA Masashi (2008) The evolution of self-incompatible and self-compatible populations in a hermaphroditic perennial, Trillium camschatcense: Which is the derivative? Botany 2008: Botanical Society of America (Vancouver BC, Canada)

久保田渉誠, 大原雅 (2008) オオバナノエンレイソウにおける雄性不稔化現象とその適応的意義. 第40回種生物シンポジウム(守谷) [ポスター賞受賞]

久保田渉誠, 大原雅 (2009) オオバナノエンレイソウにおける雄性不稔個体が集団の繁殖様式に与える影響. 第56回日本生態学会(盛岡) [ポスター賞優秀賞受賞]

久保田渉誠 (2010) 近親交配:その進化的意義を問い直す(企画集会)オオバナノエンレイソウにおける繁殖様式の集団分化―自家和合・不和合・雄性不稔. 第57回日本生態学会(東京)

久保田渉誠, 菅野明 (2010) 分子系統解析に基づくAsparagus属植物の系統進化と育種分野における基礎的知見. 第42回種生物シンポジウム(京都)

久保田渉誠, 菅野明, 大原雅 (2011) オオバナノエンレイソウ集団における雌の出現頻度とその決定要因~過去の集団間交雑に注目して~. 第58回日本生態学会(札幌)

久保田渉誠, 今野格, 菅野明 (2011) 食用アスパラガスを中心としたAsparagus属植物の系統関係と種間の交雑親和性. 第119回日本育種学会講演会(横浜)

久保田渉誠, 菅野明 (2011) 単子葉の異花被花はABCモデルで説明できるか?オオバナノエンレイソウにおける花器官形成遺伝子群の発現解析. 第43回種生物シンポジウム(富士吉田)

久保田渉誠, 菅野明 (2011) エンレイソウ科における花器官形成遺伝子群の発現解析:単子葉植物におけるがく片の平行進化と独立した遺伝的発生機構. 第59回種日本生態学会(大津)

菅野明, シャリフィアーマド, 大泉加奈子, 久保田渉誠, 中野優 (2012) 八重咲きキイジョウロウホトトギスにおけるMADS-box遺伝子群の発現解析. 園芸学会平成24年度秋季大会(福井)

KUBOTA Shosei, KANNO Akira (2012) Analysis of floral homeotic genes in Trilliaceae species indicate an alternative genetic mechanism for the petal-sepal differentiation in monocots. 10th International Congress on Plant Molecular Biology (Jeju, Korea)

水ノ江雄輝, 久保田渉誠, 菅野明, 鹿毛哲郎, 尾崎行生, 大久保敬 (2013) 雄蕊花弁化シクラメンにおけるCクラス遺伝子の発現解析. 園芸学会平成25年度春季大会(東京)


back to top page